2020年9月17日 (木)

末恐ろしい時代

 安倍総理が体調不良から1年を残して退陣しました。

後任には菅さんが予想通り、国会で次期総理に決定しました。

来年9月までの政権です。

 原則的には安倍総理の方針を継承するとのことですが、

改革を方針とすることを表明。有言実行型の彼。

どう変わるか見守りたいです。

 さて、SNSの普及で、匿名による見えない相手による誹謗中傷が

問題になっています。

 近頃の小学生もスマホを使っている。時代に置いて行かれないために

一生懸命のようだが、100%の知識はなく、ある程度の知識のもと、

必要なことをこなしているようだ。

そのために犯罪にも巻き込まれる事件が起きている。

親は持たせせてないから大丈夫と思ってるかもしれないが、今の時世、

安く簡単にに入る方法もある。

近くの小学生との話も噛み合わない。時代の流れを感じます。
 
 キャッシュレス決済の時代。便利な反面様々の事件が起きています。

デジタルに無縁の時代を過ごしてきた私にとってはなにかしっくりと

なじめません。それが却って幸いしてるのかもしれません。

 便利になればなるだけ人間は考えることも少なくなり、怠け者になる。

そこを虎視眈々と狙ってる悪者もいることを忘れてはならない。

 コロナ禍で生活スタイルも変わりました。生き抜くために、

実に様々な方式が生まれています。

テレワークの普及で東京から地方へと移転する企業も増えています。

様々な業種に影響が出ることでしょう。

そらくコロナが沈静しても変わらないと思います。

 様々に変わっていく世の中、先が末恐ろしく思いやられます。

 

2020年9月10日 (木)

グリーンカ-テン

            20070802

                          07/08 撮影 

     20091001

             09/10 撮影 

   夏のきつい西日を防ぐ目的で作った琉球朝顔のグリーンカーテン。

   2ヶ月でこんなになり、やっと花が咲き始めました。

   すごい勢いで伸びて茂り、屋根まで伸びています。

   右側のヤマホロシも茂り、絡み合っています。

   部屋はやや暗くなりましたが、しっかり目的を果たしています。

   これから長い間、花が楽しめます。

 

2020年8月28日 (金)

何故か?

皆さんこんなことありませんか?

パソコン操作をしてると突突然セキュリティー警告ダイアログが出てくる。

無視してるとWinndowを名乗り張り付く。過去試に一度だけ言われるままに

進んだら、効果不明のソフトダウンロード、インストールに導かれ、

購入させれられた。

スキャンするとまことしやかに結果を出す。識者はインチキだと言う。

殆ど意味のないものだと言う。

それから一切無視している。振りめ詐欺と同じだ。実に巧妙になった。

パスワードなど要求するのには気をつけないといけない。

 しっかりした発信元のセキュリティーソフトは絶対に必要です。

情報いっぱいの現代、あらゆるものがあなたを狙っている。

一度ウイルスに汚染されると自分だけでなく、リンクした人まで迷惑が

及ぶ。気を付けましょう。

 またPC操作中に思わぬ画面が出ることがある。

何かの操作ミスによるものだろうが、よくわからない。

同じことがよく起こる。せっかく編集したファイルが消える。

何度も同じことを繰り替えさなければならない。

忙しい時に限ってよく起こる。イライラする。


 

 安倍総理が辞意表明。かねがね噂されてた体調不良が原因だが、

コロナ対策でいろいろ批判を浴び投げ出した感もある。

確かに長期休まず緊張続きで疲れ、体調不良であったことは

歪めない。

 8月24日、佐藤政権を抜いて最長の長期政権となったこともあり、

森友、加計問題、公文書改ざん問題などで支持率の急落もあり、

長期政権なるがゆえに独裁的、強引な政治と批判もあった。

潮時と思った感じもある。

 記者会見で、憲法改正、拉致、対ロシア問題など解決して、後世に残る

実績を上げたかっただろうが、それが出来ずに心残りだと表明。

今までの実績をアピールしてた。

これからは一議員として行きたいと言ってるが、後継者にとってはやはり

影響力はあると思う。

 長期政権となったのは安倍のほかに適任者がいないが大半の理由だが、

総裁候補として名乗りを上げた者が適任かどうかはやってみなければ

わからない。野党もだらしない。党再編で利己的に動いている。

野党政権交代がない限りあまり変わらないだろう。

株価は急落。やはり日本を代表する公人の動静による影響は大きい。

なにかすべてが異常な年になりました。

 

 

2020年8月21日 (金)

猛暑と雑感

 梅雨が明けて、全国、残暑とはいえ連日猛暑日が続いています。

体温以上の危険気温も出ています。どんな暑さなんだろう?経験したことはない。

 朝7時、ポストを見に外に出る。むっとする。


鉢の草花が一寸水やりを忘れて萎れたり枯れたりしている。

鉢植えのボケは葉焼けをしては新芽が出て、また枯れるを繰り返している。

折角伸びた宿根ベゴニアは日陰でも萎れていた。

日陰でも影響が出るくらい日照りが強く暑いのですね。

日陰に移したり、水やりをする。朝早くから汗だくになる。

 かいた汗はすぐに拭かないほうがいいと言う。汗が気化するときに

熱を奪う(気化の潜熱)から体温が下がると言うことらしいが、殆どの人

すぐに拭く。だってべとべとして気持ち悪い。冷却タオルも同じ理屈だ。

 首筋に冷却タオルを巻いてみたが、最初はよくても、思ったほどの効果はない

冷蔵庫で冷やして使っている。

 鉢植えは世話が大変なので少しづつ減らしています。

前の建築現場では、暑い中働いている人もいます。

3輪電動アシスト自転車でも、お使いは暑さで一苦労。疲れる
 
 朝食の準備。ここも暑い。この頃要領よく出来るようになった。

冷房の効いた部屋で椅子に座り朝食。ほっと一息。もう9時。

食べようとしたら箸がない。やれやれ、どっこいしょと立ち上がり持ってくる。
 
 犬のいた頃、85才まではすいすい歩けたのに、この頃、筋力の低下か

膝が痛く歩くのも苦痛。でも車椅子は避けたい。

気持ちと実際の体力との葛藤。

 あちこち身体の不調がおこると散漫になり、もの忘れが多くなった

腰も痛い。屈むのも辛い。物を落とすと取るのに苦労する。

外では居合わせた人が助けてくれる。

ああ俺も老人かと情けなくなるが仕方ない。感謝する。

痛み止めは偶に使う。きつくなるとベッドに横になる。

楽だが起きたくなくなる。

こんなことで何となく一日が終わる。

 朝は割とテレビを見る。生活の助けになる放送がある。

手間のかからない料理と役立つことは参考にしている。

スーパーで早速実践してる人を見ることがある。

夜は見ない。見たい番組は録画している。

 朝食は絶対に抜かないが、昼食は抜くことが多い。果物(今は梨)で

代行するともある。

果物もミキサーでジュースにすることもある。自分なりのジュースを

作って楽しんでいる。

 牛乳に酢をちょっと垂らし‏ハチミツを入れて飲む。また、塩梅干し

2個を潰し、オクラを細輪切りにしてナメコを加えた汁物を作る。

どちらもテレビで見て作ってみた。

今頃、あっさりした味でよかった。

健康に役立つような放送だと見てたら最後はサブリのコマーシャル

だった。苦笑い。

 コマーシャルも実に巧妙に宣伝している。中には誇大宣伝と注意される

ところもある。

殆どがそうに見える。沢山の業者が凌ぎを削っている。生きる残ることは

大変なんだ。

 コロナで特に飲食業、旅行業、宿泊施設など苦境に喘いでいる。

保証もままならなくて倒産も続出している。

反対に災いを転じて、思わぬ業者がコロナ対策品を作り、

伸びているところもある。

    Dscn9479 Dscn9480

   強剪定したカシワバアジサイとアジサイが芽吹いてきました。

     Dscn9481

    春、花を咲かせたローズゼラニュームも、暑い日差しの中

  大きく伸びています。 

  夕暮れが少しづつ早くなり、夜明けも 遅くなってきました。

  季節は移ろいでいます。

 

2020年8月15日 (土)

8.15

今年も8月15日がやってきました。

戦後75年。当時を知る人も次第に少なくなってきました。

ややもすれば忘れて通り過ぎることもありますが、ふと思い出します。

日本が初めて負けた日なのに、なぜか終戦記念日と日本では言う。

日本の、また日本人の意地なのか?、

この日を境に日本は変わりました。私自身も変わりました。

動員先の富山で、終戦の玉音放送を聞いたのも暑い日でした。

苦しさから逃れる。やっと帰れる。ほっとしたのも事実です。

と同時に、何故こんなにすべてを我慢して、ただお国のためと

働いててきたのかとむなしさを感じ、力が抜けました。

だって、そこには先まで一心に作ってきたものがそのまま

残っていたからです。

 悲惨な苦しかった戦争の記録を残したいのか、年取った経験者が

語り部として後世に伝えていこうとしてる。

次第にその意味がよく分からなくなってきました。

 確かに、その当時の状態を知ることはいろいろな意味で大切な教訓と

なるかもしれませんが、現代の戦争を知らない子供たちにはどう

聞こえるのでしょうか?

 今になって言えるることですが、私にとっては青春も、学業も

もぎ取られた悲しい日々の記録でしかありません。

正直なところ思い出したくありません。

 

 テレビで広島原爆ドームを残すか否か議論になっていると伝えていました。

世界でただ一つの被爆国の、核の悲惨さを示すシンボルとして残すの

には意味があるかも知れませんが、その意味と実際の維持管理から

難しい問題かもしれません。立場によって意見は様々になると思います。

原爆記念館があるのだから、戦後75年も経っているし、私としては

もう要らないと思います。あまりいつまでも引きずらないで、将来に

向かって進むべきと考えます。ただ、それは事実として歴史には残ります。

時に思いだして当時を偲べばばいいことでしょう。 

  戦後の日本の復興は目覚ましいものがありました。

丁度その時期に社会人となったのでよくわかります。

物質的にも精神的にも辛抱の時代でした。辛抱強くコツコツと

励むのは日本人の国民性でしょうか。

情報も物も豊富な時代に育った現代人はどうかわかりませんが・・・

現代の若人にはモノ申したいこともありますが、育った時代も

考えも違う。モノ申すのは野暮だと思っています。

 当日にはいろいろな行事が行われます。それぞれ自主性をもって

行っていることです。

海外の国ではそれに対し苦言を言うところもありますが、

事情もあってのこと。

外交的にあまり支障がなければ気にする必要もないと思います。

 


 この頃、<コロナ慣れ>と言う言葉を耳にしますが、同じ慣れでも

常に感染防止対策をする新生活への「慣れ」と、コロナを過少評価し、

対策を疎かにする、気にしない「慣れ」とがあります。

今、懸念されるのは後者の場合です。

 感染が拡大する中、営業時間短縮や自粛を要請する自治体が

増えてきました。しかし諸問題からそれに応じない業者もいます。

感染拡大が起こる可能性が大きい。

ここでも感染防止か経済重視かの問題が浮き彫りになっています。

 テレビで,罹患し治った人の後遺症が確認されていると言う

報道がされていました。重症、軽症を問わずあると言うから、また

気になることが増えました。

 

2020年8月 3日 (月)

梅雨明け

 やっと長かった梅雨が明けました。

途端に夏日の暑い日が訪れました。熱中症にコロナ防止と大変な夏になりました。

 テレビで毎日報道されるコロナ情報。今までと殆ど変わらない

私にとってはもううんざり、食傷気味に感じます。

 GO-to トラベルキャンペーンや外出規制緩和で人の動きが活発に

なったためかまた感染者が増えてきました。

特に20.30才代の若い人が多くなってきました。

また規制強化が再発動されつつあります。コロナ慣れからか

気分的に緩んできた感じもします。

 ホテルなどや旅行業者の窮状を救うべく始めたことだろうが

経済活性化を急ぎ過ぎた感があります。

 新しい生活様式が生まれ、予想もしなかったものが売れ始めたり、

グッズが考案され出回っています。

 自粛によるストレスからか心が荒み人間関係のトラブルや、犯罪も

起きています。

 アベノマスクの配布がまた始まっています。大きさが小さいのと

店頭にマスクが出回ってきたため不人気だ。殆どの人が不必要だと

使わない現状。税金の無駄遣いとか、水害などの災害救援に使うべき

だとかと囁かれている。これに対し政府は、すでに決められていた

ことを実行してるだけとか、洗って使えるなどと言って政府の姿勢を

アピ-ルしている。時代の変遷に反応しない官僚や施政者の

いつものことだ。
 
野党の追及激しく、やむなく見直しを検討してるよう。

 8月のお盆休みや、夏休みで出かけることが多いのに、

今年は8割の人が自宅で過ごすと言う。

子供たちは祖父母のところに行きたいだろうが、来ないで

と言われる。

 通常ならば今は東京オリンピックで沢山の関係者や、

観光客が訪れ、ホテルはどこも満室な筈なのに、

コロナで激減。都民に限り、連泊を半額とかにして

その穴埋めをしてる。すべてが不自然な状態になっている。
 
コロナ騒動もまだまだ長引きそう。

 NHKの<あさいち>をよく見てますが、健康に関することや、

料理番組など参考になるものが多いです。

料理番組はプロの料理人が作るものは参考にしてよく作っています。

簡単に作れてその季節にあったものなど、体験したことのない

新しい発見があります。

      Kimg17531  

      Kimg17501

 

 

2020年7月30日 (木)

時が経って


            Kimg1732

                          家の反対側から。            

            Kimg1740

                         家の前から。

        雑木林の跡に次々と家が建っています。すでに4軒が完成

     入居しています。毎日槌音が響いています。

     2×4建築様式で、下から上へと組み上がっていきます。

     同じような片流れ屋根多が多く、間取りは4LDKの

     ようです。

      注文住宅形式で、それぞれ好みの間取りと、方向に

     玄関が付いています。

     外壁の色もれぞれ、殆どが2色です。

      やはり予想通り家の前の道路沿いから契約があったみたいで

     建ち始めました。すでに入居済み。

 

       Kimg1742

      ↑ 強剪定したゼラニューム。復活して咲き出しました。

        右端のは株が古いためか元気ないですが、やっと

        芽ぶき始めました。新しく植えたのも元気に育って

        います。

       Kimg1739

            ↑ グリーンカーテン。琉球朝顔も伸びてきました。

         上の方にはヤマホロシが伸びてきてます。

         いずれも成長が早いですね。

         私の部屋の窓と壁の暑さ防止に役立っています。

       Kimg1748

        これはオマケ。スーパーでもらったお釣りの中に 

       ギンギラギンの500円コインがありました。

       今年、令和2年発行のもの。

       こんなのにめぐり合わせたのも何かの縁と思って

       しまっています。✌

 

2020年7月18日 (土)

懐かしい光景

15日、半年ぶりにギター友3人で昼食会をしました。

いつもの喫茶店です。ここはコーヒーはもちろん、洋軽食も出来、

リーズナブルなのと、家から近く、おいしいので、ここでやっています。

久しぶりの会食。元気で会えて楽しい一時でした。

 聞くところによれば、この店は外出自粛中も営業していたそうです。

感染防止対策は当然してると思いますが、特に感じなかった。

店内も以前と変わらぬ光景でした。

 

 振り返れば平成9年(1997年)ギターサークル発足で出会った仲間。

お互い面識もない人同士だった。

サークルを退いた後、趣味のギターを楽しむべく、気の合った

者同士が自然と集まった。最初は6人(男性2人、女性4人)だった。

よく老人施設などに訪問演奏に出かけ、喜ばれた。

それが二人が亡くなり、一人が仕事の都合で来られなくなり、今の

3人(男性1人、女性2人)になった。

 発足当時は私が69才、女性は二人とも60歳と若かった。

今は年取って八十路を過ぎた老人。気分は当時のままだが、

髪は白くなり、歩く姿に23年の経年を感ずる。

 

 帰る時、近くの小学校の校庭で6年生かな?女子生徒40人くらいが

校庭でソフトボールをやっていいた。わいわい声を上げながら楽ししそうに

はしゃいでやっている。久しぶりに見た光景だった。

道から卒業生と思われる女子中学生3人が懐かしそうに話しながら見ていた。

 前の道を並んで登校する子供たちの姿を見るのも久しぶり。

以前はごく自然な光景だったが、何かほっとする感じがする。

コロナ騒動で当たり前が当たり前でなくなった。

コロナ新スタイルも生まれている。

 

 前の道で犬の散歩をする人も沢山見かけるようになった。

ダックスフンド、ポメラニアン、シーズー犬など小型洋犬が多い。

リキの時代の人はもう見かけなくなった。こちらにも時代の流れを

感じます。

 


 

        Dscn9478

            今年はそれなりに収穫できたブラックベリーを

       少しばかり試しにジャムを作ってみました。

       甘酸っぱいまあまあの味にできました。

 

2020年7月13日 (月)

梅雨の合間に

昨年4月に宅地になった雑木林。ここだけ残っている。何が出来るのだろうか?

と思っていたら7月7日から何やら工事がはじまった。

    20070803  k

     林が無くなって西日が長く当たり夏はとにかく暑い。

     家でも建てば14時ごろから日陰になり助かる。

    Dscn9473  

     その西日を和らげる緑のカーテン作るために

     ネットでトレリスを作りました。

     琉球朝顔が下から巻きつき始めました。

     上の方にはヤマホロシが伸びてきています。

    Dscn9459

     花の終わったカシワバアジサイとアジサイ。

     梅雨の時期に茂り過ぎて鬱陶しいので、ばっさりと

     剪定します。

    Dscn9471

    Dscn9467

     剪定しました。13日、雨が止んでる合間に

     片づけました。長袖のシャツに長ズボン。

     湿度が高く、薄日が射してすごく蒸し暑い。

     おまけに待ってましたと言わんばかりに蚊が

     群がる。腰に蚊取り線香をぶら下げて作業する。

     右側の山茶花の幹の左側に、親木の根から芽吹いた

     のが見えます。そのまた左にカシワバアジサイの

     根元が見えます。さっぱりとなりました。

      相変わらず大雨が続いています。2次災害が起る    

     可能性が大きい。梅雨明けはまだ遠い。

     コロナに大雨。残念ながら今年も願いとは反対に災害の

     多い年になりました。

  

2020年7月 5日 (日)

コロナ事情

自粛が全面解除されて、飲食業も営業時間が延長され、

店内での飲食が可能になりました。感染に注意しての再開だった。

ところがこの頃世界的にまた感染者が増えてきました。

若い人が多数出歩いたためか若い人の感染者が目立ってきました。

若い人には、発症しなくても保菌者がおり、出歩くことによって

感染が広がっている。また飲食業の営業自粛が必要と思われるが

それには保証資金の支給が必要になり、。

国も自治体も踏み切れないのが実情だ。

TVでは、国も東京都も、感染防止と経済対策を

両立して対応したいと言ってるが資金対策で、

なかなか具体的な方針の決定が出来ない現状だ。

 東京都も毎日新たに感染者が増え続けている。

また第2波の 緊急事態の到来だ。

せっかく経済活動も 徐々に復し始めた時だけにその反響は大きい。

益々今後の対応が難しくなる。

 医療機関はコロナ患者の病床確保のため一般外来の

入院が制限され、また、外来患者の来診が減り、

どこも経営難に陥っている状態だ。、

また東京都は2波の患者増に備えさらなる病床の確保 を要請。

それに対し現場は益々経営が危なくなると言う。

ここでも両立の難しさが浮き彫りになる。

医療機関や飲食業など非製造業は、人が利用することにより

成り立っている。それがコロナ問題で過って経験したことのない

危機に直面し苦しんでいる。製造業と違い、なかなか他の業務の

対応発想が出来ない。具体的対策としては経費節減で無駄を

省くことは勿論だが、人員の削減となる。

正直なところ景気状況に左右されないため

今までそんなことは全く考えてなかったと思わがれる。

天下泰平、呑気にやってきたのだらう。

従って今回のことでその体質の脆さが如実に現実となった。

 

 話は変わるが、学校も授業が再開される。

感染対策として分散登校、休校による授業時間不足を

授業時間増などで対応してる。

久しぶりに友達にも会えたのに、今までの様に自由に付き合えない。

感染防止のため行動が制限される。そんなことなどで疲れ、

ストレスを感じ、学校に行きたくないと言う不登校問題も

起きている。

感染防止と子供たちへの配慮で悩んでいると・・・娘の話。

 

 7月になって初めて3日にスーパーに行く。レジ袋が

有料になったのでマイバッグ持参の人が増えてきた

私はいつもマイバック、リュックなので

今までと変わらない。ただ今までのマイバック

値引きがなくなった。 

病院の薬調剤薬局で袋を要求したらレジ袋代として5円払った。

これからその袋を持参することにした。

プラごみ削減のため仕方ないことだ。

 

«梅雨空