2019年1月20日 (日)

ああ一日

  今日はボケてない平凡な一老人の一日を紹介しよう。

 毎朝、6時半から7時ころに目が覚め起きる。起きる前に暖房を入れる。

 平日、娘夫婦と孫はそれぞれ7時前後に出かけ、一人になる。

 まだ起きてない時でも、娘は必ず出かける時「行ってきます」と声をかける。

  「行ってらっしゃい」 と返事する。洗濯物のある時は朝食事用意の前に

 洗濯機のスイッチを入れる。

  まづ毎朝、妻に[おはよう、寒いけどいい天気だと」と声をかけ、お茶とお水

 好きだったコーヒーをいつも使ってたカップに入れて供え、今日一日の無事

 を願い、線香をあげ 拝む。そして一日が始まる。

 朝食は妻亡き後、パン食に変わった。

 朝食前に洗濯物を干す。

  食パンだけでなく、いろいろなパンを食べている。サラダらしきものも必ず

 作る。 牛乳は毎朝飲む。

 土、日の娘たちの休みの日はついつい寝過ごして、朝食が昼になり、

 事実上の昼ご飯になることもある。

  テレビはほとんど見ないが、朝食の時はニュースと 録画した

 朝ドラ「まんぷく」を見る。最初は見てないが面白そうなので この頃見てる。

 小説は山あり谷ありで面白い。次に期待さして終わるのが 憎い。

 ついつい見たくなる。よく考えたものだと感心する。

  朝食の後、スマホとPCの電話の有無や、メールなどをチェックする。

 返事の電話をしたり、メールの返信などする。

  一度ネットショッピングをすると、次々とCMメールが一日多い時で

 20通くらいはいってる。必要なもの以外は見ないで消す。

 この作業が毎朝続く。嫌になる。時々メールアドレスを変えて抵抗する。

 全く記憶にないメールもある。メールアドレスがどうして解るのか?

 疑わしいメールはセキュリティソフトが事前に消去してくれるので、まづ

 ウイルスに犯されることはない・

 ときたま、いきなりデスクトップに「あなたのPCは複数のウイルスに感染して

 います」と出る。ウイルスの詳細をクリックするとなるほど複数の項目が

 現れる。

 「すぐスキャンしましょう」なんていう表示がある。その通りクリックすると

 セキュリティソフトの購入ページが現れ、誘導される。

 発行元はmicrosoft△△とあたかもmicrosoftの同族会社みたいに見せかけ

 信用させている。専門家に言わせると全く意味のない、効果のないもので

 用心するようにとありました。まるでワンクリック詐欺みたいです。

 惑わされないようにしましょう。

 それ以外はボーットしてることもある。

  掃除は以前は2日置き位にしてたが、次第に1週間に一回と

 なり、この頃10日に一回となった。ゴミの量はほとんど変わらない。支障

 ないからそれでいいことにしてる。 そのかわり時間をかけて徹底的に

 やる。 夏は暑くて大変だ。

  昼ご飯はついつい見逃すことが多い。残りご飯があれば食べても

 1時か2時頃になる。用事に夢中になってると時間があっという間に

 過ぎている。 時たま洗濯物を入れ忘れたこともあった。

  この時期16時半になると、市役所の災害無線の放送で、子供たちの帰宅

 を促す「よい子の皆さん、もうすぐ日が暮れます。車に気を付けてお家へ

 帰りましょう」と夕焼け小焼けのメロディに乗って放送される。

 この放送で、ああもうこんな時間かとふと我に返り、「ああ今日も終わ

 りか」とため息をつく。

  さてと夕飯の支度か。予定して材料を用意してるときはそのレシピで

 作るが、そうでない時は、残り物の材料で作る。なんにもない時は

 買い置きしてある冷凍食品などで簡単に済ませる。

  このごろいろいろな調味料、また惣菜などもあり、便利になった。

 妻亡き直後はよく使ったが、次第に飽きて来たので自分で作ることにした。

 娘もいろいろ気を使ってはくれるが、朝は早いし、帰りは19時過ぎが多い。

 休みの日は世話になることもある。

  PCでレシピを検索して作ってる。今は自分なりの調理法を見つけ、自分な

 りのレパートリーも増えた。今妻に食べさしたら何と言うか? 

 そんなことも考えながらやっている。調理も後片付けも苦にならず、

 楽しくやっている。自分ながらうまくなったと思うこの頃だ。

 「窮すれば通ず」ということか。人間誰でもやればできるということ。

  18時前後に夕食。19時半ころからお風呂。20時~21時に就寝。

 寝る前に、妻に今日一日のことを報告、無事に終わったことを感謝。

 「今日も一日有難う。じゃまた明日。おやすみ」と挨拶して一日が終わる。

    18091001
                                       つづく

 

 

2019年1月18日 (金)

気になること

眼のこと

 自転車転倒事故で左目の視力を失った今、右目だけで生活してる。

片目だと近くの焦点が合わないため、位置が合わせにくい。

夕方や、薄暗いところでよく見えない。読み書きが困難。などなど

といった弊害がある。時間が経つにつれ、次第に慣れてはきたが・・・

 右目も長年(約20年)の緑内障の目薬の治療のためか、角膜の表面が

磨りガラス状態でかすむ。視力も落ちてきた。今は視力も、眼圧も落ち

着いている。

目薬でカスミをとるための治療はしてるが、だんだんはかばかしくなくなった。

情報のほとんどを眼から得ている関係で、もし視力を失ったらどうなるのだろ

うとちょっとした変化も気になって眠れないこともしばしば。

医者は「心配ない」というが気になる。でも今はどうなるかわからない先のこと

をあれこれ考えるのは、取り越し苦労と思い、なるようにしかならない。

成り行きに任せよう。思ったら気が楽になった。だからPCも思い立ったとき

やっている。

以前ほど疲れなくなった。何故?。諦めでもない。やけくそでもない。

自分に言い聞かせて納得したからか。と自分なりに解釈している。

落ち着いてる自分である、

花、庭木

 趣味で増えて庭には沢山の花や、花木がある。

毎日楽しみで世話してるが、自分がいなくなった後、果たしてどうなるのか?

と思いながらも珍しいものがあると今でも買って増やしてる。

趣味はきりがない。これも生きてる間の楽しみ。やめられない。

余命何年?そんなこと考えたくもない。これも成り行きに任せたい。

遺物処理

子供たちにも伝えてあるが、書類にしても残してある。努めて少なくなるよう

整理もしている。多分殆どは廃棄されるだろう。

遺産処理

 大した物はないが、二人の子供には説明了解済み。安心。

その他 

 いろいろ考えたらきりがないが、ストレスになるのでもうあまり考えまい。

悟り

 現実は元には戻らない。成り行きに任せ、自分の生きたいように余生を

生きようと思ってる。余生を楽しもう!

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

 18102103_2
               林が無くなって、晴れた日の夕暮れが美しい。

               少しづつ昼が長くなって行く。

 19010901
                  西の空に、上弦の月が暗黒の寒空に光ってる。

                  全く静かな夜。              

 

 

 

2019年1月 9日 (水)

初春

 年明けから寒い日が続いています。

昨年は地震に水害と自然災害の多い年でした。

未だにその爪痕が残り、復興が遅れています。

今年は4月で平成の終わり。天皇の退位と新天皇の即位。5月から新しい

年号の年が始まります。

 統一地方選挙、参議院選挙もあり、10月には消費税10%にUPに伴う

税制改革などなど、国民生活に影響を及ぼすことが多々あります。

何か荒れそうな気もします。

 

 その中で、季節の移ろいはいつもの通りに変わらず。

昨年のこぼれ種から庭に芽吹いた「ノースポール」を花壇や鉢に植える。

日だまりで花を咲かせ始めました。↓

    19010801

 2年も冬越しする「マーガレット」寒さよけにカバーをしたら、日だまりで暖か

いのか花が咲いています。 ↓

  19010702

    温室の中(15℃~20℃)では「クフェア」が小さな花を咲かせて

    います。↓

   18121802

     日だまりで鉢植えの「オキザリス」が陽光をいっぱい浴びて咲いてい

     ます。↓

     18122001

      新芽を切らずに伸ばしたら、沢山の花を咲かせ始めた

            「ソシンローバイ」枯れ木に花が咲く。↓

            クリックして大きい画像をご覧ください。

 Img_0244 Img_0241

 19010603_1_3 19010601_2_3    
   

   年末は今年一年を無事に生き抜いてきた感謝の気持ちと、区切り

   を付けたく、普段あまりしなかったところの掃除などしたものだった。

    故郷の年末は、竹生垣の支柱や帯び竹の新しいものへの交換。

   部屋や、庭の掃除。門の門松や、正月飾りの取り付け。庭には

   掃除の後シラスを撒く。乾くと白くなり清められる感じがする。 

   はどなど、子供の頃も手伝いで忙しかった。

    元日には家族全員表座敷に集まり、家長の父が正面高座に座り、

   右手に男子、左手に女子が年齢順に座る。母は末席。

   父の新年の挨拶の後、お雑煮を頂く。

   それだけに、お正月だと言う感じが強かった。

   それが今はどうでもよくなってきた。格式ばったこともなく、大晦日と

   元日は昨日と今日と日が変わるだけと思うようになった。

   特に年取った今は、初詣もままならず、娘に代わりに行ってもらい

   いつもの御札だけは新しいものに代える。

    人生せわしく生きようが、のんびり生きようが時間は同じように過ぎて

   行く。今年はのんびりと意の向くままに生きようと思っている。

 

 

 

  


  

 

2018年12月 2日 (日)

消えゆく緑(6)

18112101_3

                  2018/11/21 撮影(パノラマ)

     2018/10月から一か月半、11月17日、伐採、整地工事が終わり

    あの緑の林はなくなり、ご覧の通りきれいな更地になりました。

    左側には宅地化を逃れた緑の林が残っています。

    いつもの通り、そろそろ紅葉が始まっています。

    住宅のレイアウトができ、18棟建ちます。

     2019年2月半ばから宅地造成が始まり、7月に完成予定だそう

    です。

     40~45坪、宅地を購入の上、家は約22坪の標準的な2階建て

    4LDK、自由設計で建てられるそうです。

    以前我々の時と同じです。向こう側に尽き抜ける道路が2本出来

    便利になります。 隣の前あたりから建つようです。

    我が家の西側は空くので、夏が暑くなりそう。

    車を入れるために砂利を敷いた広場は、子供たちの格好の遊び場に

    なっています。

   007
           いつもは見えなかった夕暮れの景色。

           晴れた日の夕方毎日窓から見えます。

    18112501

      どこに行くのか、夕暮れの中に一筋の飛行機雲を残しながら・・・