2019年3月14日 (木)

桜が咲いた

着いた時は固い蕾だった盆栽一寸桜「旭山」

窓際の日向に置いてたら、早くも咲きました。1.5㎝くらいの薄ピンク色の八重

の可愛らしい花がびっしりと咲いています。

 Dscn9036 Dscn9043  

       下の方はまだ蕾です。 膨らんでいます。もうすぐ咲くでしょう。

  Dscn9057
              クリサンセマムも花数が増えてきました。

        Dscn9060
                  鉢の上にびっしりと並べたクロッカス。

                   こんな植え方もいいですね。

   Dscn9062 Dscn9014

           サクランンボも花は終わり、葉が芽吹いてきました。

            小さなサクランボの子供が生っています。

   Dscn9055 Dscn9052

        他にも花いっぱい。春の到来とともに賑やかになって来ました。

   









   

      

 

 

    


下の方は

2019年2月26日 (火)

時が経って

 妻が逝って49日の法要、納骨。一周忌。三周忌が終わり早や2年4か月が過ぎました。
今でもあの日のこと、悲しさ、寂しさは変わりません。
最初は途方に暮れた感じでした。
でも時が流れ、一人暮らしに慣れてきたせいか、日常の生活の中で、ふと感じない時があります。
何かの調子で思い出す時がある。ごく自然なことでしょう。
そんな毎日です。

娘の「行ってきます」の声に目覚めることもあります。
寝込んで目の覚めないこともあります。
 起きて先ず今日の天気はどうかな?と窓を開けて確かめる。
天気が良ければ洗濯から始める。8時くらいに起きた時は朝食が終わると
10時くらいになる。食後のコーヒータイムを楽しむ。
 
 朝のいつもの用事を終え庭に出る。草花の様子を見る。
天気にいい時は水をやる。草を取る。
花たちも、天気がいいと嬉しそうに羽根を広げ、陽を浴びている。
そんな時間は癒される。

そんなことをしてるうち、いつの間にかお昼過ぎ。
こんな時は昼食抜きになることが多い。

 2月も末になり、暖かい日が多くなった。
白い椿が咲きだしてる。
バラやブラックベリーなど他の芽も動き出した。

 妻と、リキがいなくなって束縛されるものがなくなったせいか、気分的に
余裕が出てきた感じ。暮らしも変わった。今やそれが普通になった。

 この頃、またPC作業をすることが多くなった。
以前に比べると目の疲れもいくらか少なくなった。
眼の調子も成り行きに任せ、あまり気にしないことにした。そのせいか却って
やや調子が良い。不思議。

  Dscn9023_2 Dscn9008

  Dscn9014                     2/26  撮影

              サクランボの花も散り、蕊の根元に小さなサクランボ

              の子供が出来ています。

  Dscn9005 Dscn9006

                      ↑ 新しく仲間入りした「ゴッド・セフィアナ

  19021304 19021305

  Dscn9019 19021308  

  Dscn9012 19021307
                ?                ギョリュウバイ

  











 

 

 

 

 

2019年2月24日 (日)

懐かしい散歩道

 

リキガ旅立って約4年半、22日、天気がいいので、いつもいっしょに

散歩した道を歩いtみました。

 住宅街はさほど変わってはいません。何軒か新しく建て替えているところは

ありました。 

 老夫婦二人だけで住んでいたところは、子供さんと一緒なのか、2所帯住宅

に建て替わっています。

         Kimg1183_3                      ↑  2/22 撮影    

       約8年くらい前に、家の近くの雑木林を切り開いて、10数戸の

       戸建てが建ちました(右側に見えます)その前の駐車j等に、

       新たに3軒の家が建っています。

    雑木林の多かったところはいろいろ変わってる所がありました。

 Kimg0133                    ↑  以前の様子

                Kimg1194                    ↑  2/22  撮影

      いつも秋になるといち早く黄葉してたイチョウのある所。

      ここは住宅も変わっていません。ただ、左側の雑木林が

      すっきりとなっていました。

   Kimg0134                    ↑  以前の様子

        Kimg1187                            ↑  2/22  撮影

                  ここも左右の住宅は変わっていません。右側のヒノキの林が

        きれいに下側の枝おろしがされていました。

             Kimg1189

                          ↑  2/22  撮影

                約20年くらい前に雑木林を切り開いて建てられたアパート。

        2LDKで、当時は若い人たちが住んでいました。

        そのうち、周りに新しいアパートや、戸建てが次々に建てられ

        たためか、空き家が多くなり、今は住んでる人はいません。

        アパートのすぐ横には雑木林がありましたが、無くなって

        います.。なにやら工場みたいな建物が建っているようです。

       Kimg1196                      ↑  2/22 撮影 

        道路の右側の畑に、約10年くらい前に建てられた

        身障者用の宿舎。その奥の方に家が出来ています。

       Kimg1198                     ↑  2/22 撮影

         宿舎の前の空き地は変わっていません。今も何か栗の

         木みたいなのが植えたまま。何かを植えて農耕地として

         税金対策をしてるようです。

        Kimg0135

                    ↑ 以前の様子 

        Kimg1200                      ↓ 2/22 撮影

        Kimg1202                       ↑ 2/22 撮影

          道が左に曲がる突き当りの駐車場に戸建てが建てられ

          始めました。今はこのように建ち終わっています。

        Kimg1206

                     ↑ 2/22 撮影

      右側の林から、鉄塔の左の方向へ林がありました。右側下の

      赤い車までが季節の駐車場。左の白い車の辺りも林があり、

      先のアパートのすぐ横まで続いていました。それが無くなり、

      駐車場と何か長い屋根の付いた建物が出来ています。

      何でしょう? この林もよくリキと散歩した思い出の場所です。

      この辺りの林も次第に無くなっていくことでしょう。

      散歩しなくなった4年半のうちに変わってしまいました。

      淋しい気持ちですが時代の流れ仕方ありません。

 

 

                          







         


 

 

 

 

 

 

 

2019年2月19日 (火)

 一足先の春

 新しく購入した鉢植えの暖地サクランボ。部屋の中の日向に置いていたら

 固い蕾が膨らみ、もう花が咲きました。2か月早い春を感じています。

  •    19021701 19021703
  •    19021704 19021705

      19021706 19021707
        いづれも2/17 撮影 クリックして大きめの画像をご覧ください

         花の後、青いサクランボが出来ます。やがて赤く熟します。

         食べられるそうですが、鑑賞します。

         もう花が散り始めました。

 

  こちらも新しく仲間入りしたゼラニュームたち。同じく部屋の中の日向に

  置いてたら、小さいながらも花が咲き始めました。 

      19020802 19021502 

        ↑サニーデイ グラジェラ     ↑ムーンライト ヴィオリーノ

      19021503  19021709_2

         ↑サニーデイ ジェシー        ↑ ダークレッド 

         いづれも2/17 撮影 クリックして大きめの画像をご覧ください 

          いづれも花径3㎝前後ですが、花の形、色、模様が美しい。

      Img_0396

               ↑ ソシンロ^バイ 2/19撮影

       一か月前ほどから咲き始めたソシンローバイ。次々と咲きだし

       まだ咲いています。  

        19021406

        19020409_2

                            ↑ クリサンサマム マルチコーレ

                 花色:黄色
                学名:Chrysanthemum multicaule
                科名:キク科
                分類:秋まき一年草
                原産地:北アフリカ
                大きさ:背丈20~30cm 横幅20~30cm
                主な見所:花(3~6月)

      





 

 

 

 

 

 

      



         サニーデイ グラジェラ      ムーンライト ヴィオリーノ

 

2019年2月16日 (土)

仲睦まじく

冬至からやがて2ヶ月。日没が少しづつ遅くなり、昼間が長くなってきました。

今日2月16日は朝は冷えましたが、陽が上がるにつれ、いい陽気に

なってきました。

 窓を開けて外を見ると、目の前の花壇に2匹の鳩がやってきています。

 多分番でしょう。以前からよく小鳥たちがやってきてました。

 リキのいる頃は途絶えましたけど。

     Img_0362_3
    
       ↑ このように離れ離れできて、何かついばんでいます。

          見にくいですが、左側の陰のところに1匹がいます。

     Img_0369_2

          ↑  そのうち一匹が近づいてきました。

              それでも知らん顔。

     Img_0366_2             

      ↑ さらに接近。お互い意識し始めたみたいです。

     Img_0376

      ↑ そのうち、日向ぼっこで気持ちいいのか

          並んで腹這ってしまいました。

     Img_0375_2   

        ↑ 日向ぼっこをしながら気持ちよさそうに

           毛づくろいを始めました。

     Img_0377_2

       ↑ やがて気持ちよさそうに寄り添ってウトウト。

          どんな夢を見てるのでしょう?

     Img_0364_2

         ↑ なんてつぶらな瞳なんでしょう。可愛い!

      ある日の、ほのぼのとした微笑ましいお昼ごろの一コマでした。

                   お幸せに!

 

2019年2月10日 (日)

何となく一日

人間て暇になるといろいろなことを思い出し、振り返り、懐かしがる。

そしてつまらぬことも考える。

 よく、あの頃はよかったなあとか、やたらその時代を話したがる人がいる。

私はそんな過去の栄光の時代を懐かしがり、今を嘆く人は嫌いだ。

だって時代に対する順応性がないし、進歩がないからだ。

 

 人間を取り巻く環境は刻々変わる。それに順応し、対策を考え、挑戦する。

今の朝ドラの「マンペイ」さんみたいな人。あれは人間の作ったストーリーだが

面白い。

 

さて、私は今日も終わった。一日どんな日だったかあまり考えない。

なんとなく24時間過ぎてしまった。今日一日何事もなく無事に過ごせたことを

感謝する。という感じ。

 感謝する対象は何なのか?。信仰するものであり、今はいない妻

に対するものなのか?

どうでもいい。そうすることによって気分的に区切りがつく。

 もうひとつ、一日の区切りとして毎日日記を書く。昔は長々と書いた。

でも今は面倒くさいのか、書くことが現役時代に比べて少ないのか

ちょっよだけノートに書き残す。その日にあったことなど。

これが後で参考になることが多い。

毎日それをしないと気が済まない。一日が終わらないのだ。

 

 TVで見た。家庭の主婦の毎日の悩み。「今日の夕食は何にしよう」

だそうだ。

 子どもの好きなもの。「唐揚げ」「ハンバーグ」そればかりでもダメ。

主人のこともある。結局は自分で決めるしかない。

 今自分ですべてをやるようになってわかる気がする。一人だから

何にしようと楽だが。

 妻がよく聞いていた。「今日は何食べます?」

面倒くさいから「なんでもいい}と言う。今考えればこんな無責任な

ことはない。でも夕食にはなんとなく言いたかった、食べたかったものが並ぶ

から不思議。

 

 たまに「今日は外で食べましょうか」と妻が言う。

暑いのに、寒いのに嫌だなあと思った。

帰って妻が「ああ、今日は何もしなくて楽う!」と言った。今よくわかる。

 

 困ったときの「神だより」というが、神は具体的には存在しない。

それぞれの心の中に、頼れる存在として必要な時に対象として

自分で作り出すもの。

 

 明日は何しようか。予定をたてることもある。しかしその日の朝の気分、

体調、天候によって変わることもある。

 朝起きてなんとなく庭に出る。世話してる草花が「水が欲しい」と言ってると

みるとそれを満足させる。漫然と外を眺め、「ああ、今日はいい天気だ」

ふと見ると草花の鉢に雑草がいっぱい生えてる。それをむしり取る。

「そうだ。洗濯をしなければいけないんだ」急いで家に入り洗濯をはじめる。

その間に朝食の準備。洗濯が終わり、外に干す。その後で朝ごはん。

 寒くて雨の時など、何もすることがなければベッドに潜る。何しようと自由。

気ままで極楽。でもやはり一人は寂しい。

 とかなんとかしてるうち、夕方になる、降ってた雨も止み、西の空は明るく

日が差してる。

ああ、今日も無事に終わるか。

そんな毎日の繰り返し。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

      19021001_2
                       2019/02/10  8時 撮影         

            2月9日、夕方から降り出した雪。10日朝少し積もってる。

               いつもきれいだった木々の雪景色は今は無く、

             何の変哲もないただのっぺりとした平らな雪景色。

                                  陽が上がるまでの淡い夢。

2019年2月 5日 (火)

薬などの飲み方

病院の医師の処方箋によりもらっや薬とか、市販の薬にも必ず飲み方や

数量、年齢制限が明記されたいます。

食後とか食前、食間、一日の飲む回数、年齢制限などあります。

守らないといろいろ弊害が起こる可能性があるからです。

どなたもお分かりでしょうが参考までに薬を飲むタイミングについて

サイトから引用します。

http://www.hagimed.or.jp/health/health_09.htm

 それからヨーグルトを摂るタイミング。参考までに、これもサイトから

 引用します。

   http://milkmaid.jp/best-timing-intake.html

私は、夕食後摂っています。ヨーグルトには沢山の種類があってなかなか

どれがいいのか迷います。いつ摂ったらいいかも書いてありません。

いろいろ試しました。その中で自分に合った物を選び決めて採っています。

効果が出たのかどうかはわかりませんが。おなかの具合はいいです。

400g入りを3~4回で採っています。一日100g位が適量だそうです。

 食前に散ると乳酸菌は胃液で死滅する。生きたまま腸まで届かないと

効果がないと聞いていましたので。食後に採っています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。○**○оo。...。

  Dscn8958 

                       新しく購入したゼラニューム。

                    窓際の日向に置いてたら1本が咲きました。

                       花径3㎝くらいのかわいい花です。


 

 

2019年1月31日 (木)

花壇の手入れ

8年くらい前に5株のゼラニュームを植えました。

殆ど手入れすることなく、放っていたら茂り放題。

数年前、珍しい花のローズアイとライトピンクアイを株間に植えました。

配合種の園芸種です。在来種より少し弱いのか、やや成長が遅い。

間に挟まれて日陰になり、とうとうダウンしました。

 あまりにも茂り過ぎたので思い切り剪定。かなり大きな株になり、枯れた幹

 に枯れた葉が株元に溜まっていた。それらを取り除き、すっきりとなり、

 風通しがよくなった。まだ寒いのに少し早すぎたかな?とも思っている。

 

  PCで検索したら、色合い、花形、とても珍しいものが見つかったので、5株

 購入。いつまで生きるのかわからないのに、ガーデニング欲望だけは変わ

 らない。送ってきた苗は価格相応に考えてたよりかなり小さい。

 でも、とても元気な苗だ。いきなり外の花壇に植えるのはまだ寒いので

 部屋の中に置いてある。暖かくなったら植えるつもり。

 色とりどり、美しい花壇を想像しながら・・・ニヤニヤしてる吾輩である。

  Dscn8954
               ご覧のようにすっきりなりました。根元には古い大きな枯れた

          株が見えます。真ん中は枯れてしまった「ローズアイ」

      Dscn8949
                 新しく購入した5株のゼラニュームの苗

                  ビニールポット入り。高さ15㎝くらい。

                 小さいながら花芽もついています。

                 花壇に移植してからの成長が楽しみです。

2019年1月22日 (火)

ああ一日 2

ジャガイモ、玉ねぎ、人参にカレールーが残ってたので、肉を買ってきて

カレーを作った。作ると、どうしても一人前より多くなり、一回では食べきれな

い。2~3回でやっと食べ終わる。

カレーうどんにしても食べるがカレー味は同じ。続くといくら何でも嫌になる

が、我慢我慢。

おでんも同じ。たまには娘たちにも食べてもらう。

 以前は市販のレトルトカレーで済ませていたが、具が少なく、どこのも

ほとんど同じ味でもの足らず、自分アレンジして作ることにした。

味は満足。ただ、どうしても量が多くなる。

 酒は好きだ。九州にいた時は付き合い、客の接待などで飲む機会が多く、

体調を悪くした。こっちに来てそれは救われ今はほどほど。

一時、高尿酸血症(痛風)を発症。それに腎臓機能やや低下で止めた。

でも、この頃、両方とも進行せず落ち着いている。適当にやっている。

気にしないことにしている。

夏はビール、冬は日本酒だ。割と高級なものと一般的なものを

ブレンドしている。新潟の酒は水と米がいいからうまいのが多い。

愛飲してる。

 

 夢は見る日もあればない日もある。覚えているもの、ないもの、それぞれ。

この頃、やたら亡くなった人たちが現れる。親しかった友人 、先輩。

一緒に来いよと言われるのでついて行く。

広い広い高原が目の前に現れる。色とりどりの花がいっぱい咲いている。

空はまたきれいな色に染まっている。花の間を友人に連れられてついて行く。

いい香り。桃源郷だ。何かいい気分になる。身体が軽くなり、いつの間にか

飛んでいる。見下ろす景色がまた美しい。そんな景色に見とれてると、前を

飛んでいた友人がスウーット消えていなくなった。呼んでも帰って来ない。

どこに行ったのだろう。

 妻も夢によく出てくる。リキと3人で暮らしてる。焼き芋が出来たのでリキを

呼ぶ。どこにいたのか現れる。匂いを嗅いできたのか。

「早く頂戴」とせがむ。小さく切って皿にいれる。かぶりつく。慌てて吐き出す。

だから熱いと言ったでしょう。そんな会話をしながら時が経つ。

あの頃が一番楽しいころだったかも。

 旅に行ってる夢もよく見る。どこかわからないが、いろいろなところが出てく

る。まるで走馬灯のように変わる。いろいろ話もしてるが、漠然としている。

手をつなごうとすると妻が消えた。実際手が動いてる。夢の中ではない。

現実に。

ふと思った。妻も、みんなも淋しいから早く来いよと呼んでるのかな?

「俺はまだやりたいことがいっぱいある。まだ行かないよ。そのうち行くから」

待ってろ」と・・・

 現役のころの仕事の夢も現れる。それがいつも苦しんで悶々としてるものば

かり。納期が迫るがやるべきことがいっぱい残っている、いい解決策が見え

ない。ふと目が覚め、ああよかった。もう仕事はしてないのだと、ほっとする。

 出張してる夢も出てくる。いつも定宿にしてる所がいっぱいで泊まれず、

他の宿を紹介してもらった。何か割烹旅館みたいなところ、すごく大きなとこ

ろ。継ぎ足しで増築したのか中はまるで迷路のよう。案内されて部屋に着い

たが一度出ると、なかなか戻れない。くたびれる。そのうちいつの間にかここ

が常宿になる。迷路の廊下も次第にわかり、おかみさんとも親しくなる。

 行くところはいつも山奥の鉱山。山越え谷超えて行く。赤茶けた道。

鋭い尾根。深い谷。底には川が流れてる。一歩間違えば千尋の谷底に転落

 お終いだ。行けども行けども事務所に着かない。何度も行ってるのに何故。

社宅は、小高い台地の平らな少しの空間に建ってる。在勤中ほとんどの人

 がこのような僻地に一度は転勤になる。皆嫌がっていた。吾輩はすぐに出

 向したので免れた。こんなところに転勤になるのをいつの間にか「島流し」と

 言って嫌った。独身時代にやらされるのが多かった。春の人事異動に皆

 ビクビク。なつかしい思い出だ。

  古い廃墟みたいな工場の中を移動してる。鉄骨につかまりよじ登り、

 狭い間をくぐり、飛び移ったりしている。

 

 車を運転してる夢も見る。右は崖、左は断崖で深い谷。その間の狭い道を

ぶっとばしている。危ないとブレーキをかけるがすぐに止まらない。

力いっぱい踏む、それでもズルズルと動く。なんで?

 友人の車に乗って旅してる。すごいスピードで走ってる。少しゆっくり行けよ

と言うが聞かない。いつも見たような、何度も通ったような道だ。

着いたところは何度も行ったことのあるところ。もう見る気もしないので

時間つぶしにブラブラする。

ツアーで行った旅も出てくる。狭い家の間の道を軒先をかわしながら曲がる。

さすがプロのドライバーとただ感心。

 すべては心に強く残ってるものがふと眼ざめ、夢として現れるのだろう。

 なんとも不思議な世界。コントロール不可の世界。

  さて、夢から覚めて現実に戻ろう。

 毎年ミカンは生ってる。昨年は摘果して数を少なくしたら大きなのが

2・30個できた。好んで食べるほうではないので。年明けまで残っていた。

採っても好んで食べるほうではない。妻に供えておく。萎びてきた。

食べてみる。

甘い、上出来だ。お隣さんにもおすそ分け。それでもまだ残っている。

妻がいる時は、毎日2・3個採ってはおいしそうに食べていた。好きだった。

作る甲斐もあった。息子や孫が来るとかなり採って持って帰ってた。

今年はどうしよう。いつも通り2月末に寒肥はやるつもり。

長々と思いつくまま述べてきました。これが今の私の暮らしの現状です。

なるがまま、己の生きたいように自由に束縛されずに生きます。

Img_0207

                                    おしまい

 

 

 

2019年1月20日 (日)

ああ一日

  今日はボケてない平凡な一老人の一日を紹介しよう。

 毎朝、6時半から7時ころに目が覚め起きる。起きる前に暖房を入れる。

 平日、娘夫婦と孫はそれぞれ7時前後に出かけ、一人になる。

 まだ起きてない時でも、娘は必ず出かける時「行ってきます」と声をかける。

  「行ってらっしゃい」 と返事する。洗濯物のある時は朝食事用意の前に

 洗濯機のスイッチを入れる。

  まづ毎朝、妻に[おはよう、寒いけどいい天気だと」と声をかけ、お茶とお水

 好きだったコーヒーをいつも使ってたカップに入れて供え、今日一日の無事

 を願い、線香をあげ 拝む。そして一日が始まる。

 朝食は妻亡き後、パン食に変わった。

 朝食前に洗濯物を干す。

  食パンだけでなく、いろいろなパンを食べている。サラダらしきものも必ず

 作る。 牛乳は毎朝飲む。

 土、日の娘たちの休みの日はついつい寝過ごして、朝食が昼になり、

 事実上の昼ご飯になることもある。

  テレビはほとんど見ないが、朝食の時はニュースと 録画した

 朝ドラ「まんぷく」を見る。最初は見てないが面白そうなので この頃見てる。

 小説は山あり谷ありで面白い。次に期待さして終わるのが 憎い。

 ついつい見たくなる。よく考えたものだと感心する。

  朝食の後、スマホとPCの電話の有無や、メールなどをチェックする。

 返事の電話をしたり、メールの返信などする。

  一度ネットショッピングをすると、次々とCMメールが一日多い時で

 20通くらいはいってる。必要なもの以外は見ないで消す。

 この作業が毎朝続く。嫌になる。時々メールアドレスを変えて抵抗する。

 全く記憶にないメールもある。メールアドレスがどうして解るのか?

 疑わしいメールはセキュリティソフトが事前に消去してくれるので、まづ

 ウイルスに犯されることはない・

 ときたま、いきなりデスクトップに「あなたのPCは複数のウイルスに感染して

 います」と出る。ウイルスの詳細をクリックするとなるほど複数の項目が

 現れる。

 「すぐスキャンしましょう」なんていう表示がある。その通りクリックすると

 セキュリティソフトの購入ページが現れ、誘導される。

 発行元はmicrosoft△△とあたかもmicrosoftの同族会社みたいに見せかけ

 信用させている。専門家に言わせると全く意味のない、効果のないもので

 用心するようにとありました。まるでワンクリック詐欺みたいです。

 惑わされないようにしましょう。

 それ以外はボーットしてることもある。

  掃除は以前は2日置き位にしてたが、次第に1週間に一回と

 なり、この頃10日に一回となった。ゴミの量はほとんど変わらない。支障

 ないからそれでいいことにしてる。 そのかわり時間をかけて徹底的に

 やる。 夏は暑くて大変だ。

  昼ご飯はついつい見逃すことが多い。残りご飯があれば食べても

 1時か2時頃になる。用事に夢中になってると時間があっという間に

 過ぎている。 時たま洗濯物を入れ忘れたこともあった。

  この時期16時半になると、市役所の災害無線の放送で、子供たちの帰宅

 を促す「よい子の皆さん、もうすぐ日が暮れます。車に気を付けてお家へ

 帰りましょう」と夕焼け小焼けのメロディに乗って放送される。

 この放送で、ああもうこんな時間かとふと我に返り、「ああ今日も終わ

 りか」とため息をつく。

  さてと夕飯の支度か。予定して材料を用意してるときはそのレシピで

 作るが、そうでない時は、残り物の材料で作る。なんにもない時は

 買い置きしてある冷凍食品などで簡単に済ませる。

  このごろいろいろな調味料、また惣菜などもあり、便利になった。

 妻亡き直後はよく使ったが、次第に飽きて来たので自分で作ることにした。

 娘もいろいろ気を使ってはくれるが、朝は早いし、帰りは19時過ぎが多い。

 休みの日は世話になることもある。

  PCでレシピを検索して作ってる。今は自分なりの調理法を見つけ、自分な

 りのレパートリーも増えた。今妻に食べさしたら何と言うか? 

 そんなことも考えながらやっている。調理も後片付けも苦にならず、

 楽しくやっている。自分ながらうまくなったと思うこの頃だ。

 「窮すれば通ず」ということか。人間誰でもやればできるということ。

  18時前後に夕食。19時半ころからお風呂。20時~21時に就寝。

 寝る前に、妻に今日一日のことを報告、無事に終わったことを感謝。

 「今日も一日有難う。じゃまた明日。おやすみ」と挨拶して一日が終わる。

    18091001
                                       つづく

 

 

«気になること